江之介 OFFICIAL SITE

2016年3月10日


FX江之介式買い増し手法


買い増し手法とは

買い増しとは、すでに買いのポジションを持っている状態で

さらに買いポジションを持つことを言います。

 

逆に売りを持っているときに、売りポジションを持つことは売り増しです。

 

トレンドに乗ってポジションを持っているときに、さらに買いのポジションを持つので、

利益がどんどんと膨れていく手法でもあります。

 

この手法と似ている手法が、ナンピン手法です。

 

このナンピン手法は、トレンドに乗れなかったときに、意図的に損失額を減らすように

ポジションを増やしていく手法です。

 

損失額を減らしていくには、低いレートで買い増しすることで

損失額のボーダーとなるラインが下がってくるので、損をカバーしていきます。

 

買い増し手法は、買いポジションを持っていて、上昇トレンドが発生する際に

買い増しをしていくことになります。

 

これで、ポジションを増やして利益を大きくすることも可能になり

さらに、リスク分散もできるという画期的な手法です。

 

具体例を交えて、買い増し手法がどんなものか理解して下さい。

 

利益を確実に得る

利益が大量に得られるということが最大のメリットとなる買い増し手法ですが

利益確保がもっとも重要なポイントです。

 

最初の買いを入れた時もエントリーのロジックはしっかりとありますが

2回目の買い増しは、利益を確保するためにエントリーします。

 

単純な話ですがポジションが増えれば、もちろん利益は大きくなりますよね。

 

それと同時に利益の確定ポイントが明確になります。

kaimashi

利益確定というのは、確実に1本目の利益が出るということです。

 

利益と損失が相殺されて、2本目まで下がってしまえば

利益も損失もなしになってしまいますが

2本目と3本目の間までなら、1本目の利益は確定となります。

 

1本目だけしかポジションを持っていない状況だとしたら

利益が膨れ上がっていくことはありませんが、買い増しをすることで利益は膨れていきます。

 

さらに、利益の確定ポイントで決済ができれば

1本目の利益分は確保できるようになるんです。

 

買い増し手法で利益を増幅させるメリットと同時に

利益をどんどんと確定していきましょう。

 

リスク分散になる

買い増し手法を使ったときに反対側へ進んでしまったら

損失が膨れてしまうという風に考えると思います。

 

しかし、ナンピン手法をとっていけば、損失も0です。

 

kaimashi5

 

買い増しを続けていくことで、利益が下がっていっても

ナンピン手法でも買い増しをすることになります。

 

単純に、同じLot数を上がっていったとしても、下がっていったとしても

買い増していくことで、リスク回避をできたり、利益を増幅できたりします。

 

これは、リスク分散として考えれば、時間分散や資産分散のような考え方と似ていますね。

 

一つのところで大きくお金をかけてしまえば

もし負けてしまったとしたら回復ができません。

 

でも、ポジションを分散して持っていれば

少しだけ決済して損失をカバーできるようにしたり

回復できるようにポジションを操作できるんです。

 

買い増し手法では、ピラミッディング手法というものもあります。

 

ポジションを買い増していく考えは同じですが

上値の部分で1回目の半分のLotを投資するという手法です。

 

買い増し中に利益を上げるという考えは同じですが

それでは、取れる利益も少なくなってしまいます。

 

トレンドに乗ったのなら、利益を確定できるように

同じLot数を買い増しし続けていきましょう。

 

実戦買い増し手法